電子インボイスの取組に役立つ請求情報流通の運用手引きを発行。
電子インボイス化の促進をサポートいたします。

 

組織間で流通する取引文書のデジタル化が加速しています。請求情報のデジタル化を促進することを目的として、請求処理の業務運用で注意すべき事項を整理した手引きを作成しました。
請求処理の全体像を把握して、請求情報(請求書)を流通させる基本的な考え方が理解できます。さらに、請求側と支払側の当事者組織が留意する具体的なリスク管理のポイントが整理されています。
中小企業であっても大企業であっても、請求側であっても支払側であっても、電子インボイス化に向けた情報流通の運用に広く役立ちます。
JIIMAホームページにて、『請求情報流通の運用手引き』を発行しました。JIIMAは、本手引きを基にして請求情報を含んだ電子文書の流通に向けた商品やサービスが安全に提供されるよう、本手引きの内容を充実させていきます。お客様におかれましては、商品やサービスの導入を検討するポイントとして、本手引きをご活用いただきますようお願いいたします。

 

 

 

請求情報流通の運用手引き 第1版(pdf)

 

本手引きに関する御問い合わせや御意見は、以下にて受け付けています。

http://pre.jiima.or.jp/about/contact/